« 僕を見て! | トップページ | 家庭教師へのお菓子① »

家庭教師

今桜井翔くんが家庭教師のドラマを毎週たのしんでいます。


そんな我が家も、とうとう最後の扉。

家庭教師の門をたたいてしまいました。


なんか大袈裟だけど(笑)


低学年の勉強は、家でいいだろうと思っていた私ですが、どうにもこうにも長男の勉強をみてあげるとぶつかってしまい、怒ってしまいます。

怒ると、長男は勉強どころではなくなり、もっと怒ってしまう!


これについては、勉強ができない子供を教えたことのあるお母様にはわかってもらえることも多いのですが、長男が友達がやっててやりたいー!と言ってきた学研教室に通った3年生。


目がでず、新しいきっかけを得ようと飛び込んだ塾週一進学クラス。4年生。


結局、他の人との差がありすぎて通ってるだけになってしまってたかな。


そして、今、長男には個人ではないとダメだよなぁと考えていたところ、ちょっとしたきっかけもあり飛び込んだ家庭教師。


家庭教師なんて言うと、受験するの?!なんてよく聞かれるんだけど、私は家庭教師やっている人って、お金持ちか。すごく難関中学を目指してるとか。他の習い事に重きをおいてて時間があわないとか、そんなんじゃあなかったら、受験とは反対。

学校や塾ではついていけなかったり、勉強に遅れている人が多いんじゃあないかなぁとか思う。


国語と社会、算数と理科がセットで違う先生が見てくれてます。


家庭教師っていうと、やっぱり飲み物に甘いものよね…?!

と、親として先生がたを迎えるにあたり検索したり、家庭教師をしていたお友達に聞いたりしてみたけど各家庭でやっぱり全然違うみたい。


これまた、当たり前だけど食べ物の好みも人それぞれだし、先生によって全然違うんだなぁと、スタートして実感。


うちに来てくださる若い学生の先生は、用意してはおくんだけど飲み物も甘いものも召し上がらずにいつも帰られるの。


もう1人のおじさま先生はちょっと控えた方が…という体格をしているだけあって、毎回ピカピカ綺麗に食べていて。


階段あがるとき持病の痛風が今日は痛くてなんて言っていたから、甘いものは控えていたら違うものを用意したほうが良いですかね?と確認したところ、甘いものもが大好きで、甘いものがないと頭が働かないとのこと(笑)


毎度のことなので、自分で作ったり、購入したものをお出ししたりしています。


結構作っているので、家庭教師を始めて長男の勉強、お出ししたお菓子のことなども綴っていこうかなと思ってます☆




|

« 僕を見て! | トップページ | 家庭教師へのお菓子① »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

家庭教師」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。