家庭教師

家庭教師へお菓子②

今日はみやねやで痛風のこと放送されてたけど、6月が一番患者さんが多いんだって! 先生も痛みが出やすいのかしら??


30代の人も増えているようだし、メタボの主人は要注意です。


家庭教師へお出ししたお菓子たち②


イチゴが安く出回っていたころに作った、ムースとミルフィーユ。



scrapcard_1371129292970_1.jpg


喜んで子供たちや主人が食べるものは良いのですが、反対に私がほとんど~なんてものも。

たまたま両親、友達や知人に会ったりする時なんかはお裾分けしたり出来るのですが、なんかワザワザ差し上げにいくほどの出来でもないから、痩せないと~と思ってるんだけど手が延びて…

これから少なく作ることを考えよう…それしかない!


そうそうあとは、息子の指導後に 他の生徒さんの指導が入ったみたいで、そちらでも飲み物とか出たりするだろうし、痛風だし、またご希望聞いてみよう☆ 月曜日は用意しなくても大丈夫なんて言うかもしれない?!(笑)




| | コメント (0)

家庭教師へのお菓子①

早速、今日はお一人の甘いものが大好きだとおっしゃっている家庭教師へお出ししたムース系のもの。


scrapcard_1370851507546.jpg


一時間半の授業、途中休憩もないので始まる前からセットしておいてます。


一時間ほどたってから、もう一回飲み物を出しにいくというリズムで落ち着きました。


途中飲み物を出しにいくと、お菓子が食べてあったり、なかったり日によります。

でも、クッキー以外のものは授業が終わる前までに完食されていて、召し上がっている所に遭遇したことがないのですが、子供がプリントを解いている間に召し上がっているようです。


甘いものが大好きだけど、一番手軽で出しやすいクッキーはNGのようで…ケーキ類はいっつも美味しそうに食べてるよ~とか、今日は直ぐに食べてた!なんて子供が話ししてくれます。


飲み物は、コーヒーや紅茶、もちろん甘いもの。なんでも大丈夫みたいで、そのてん楽です。


和菓子などを買ったりもしていますが、この調子だと私のお菓子作りのレパートリーもふえそうです☆


先生の痛風も気になりますが…




| | コメント (0)

家庭教師

今桜井翔くんが家庭教師のドラマを毎週たのしんでいます。


そんな我が家も、とうとう最後の扉。

家庭教師の門をたたいてしまいました。


なんか大袈裟だけど(笑)


低学年の勉強は、家でいいだろうと思っていた私ですが、どうにもこうにも長男の勉強をみてあげるとぶつかってしまい、怒ってしまいます。

怒ると、長男は勉強どころではなくなり、もっと怒ってしまう!


これについては、勉強ができない子供を教えたことのあるお母様にはわかってもらえることも多いのですが、長男が友達がやっててやりたいー!と言ってきた学研教室に通った3年生。


目がでず、新しいきっかけを得ようと飛び込んだ塾週一進学クラス。4年生。


結局、他の人との差がありすぎて通ってるだけになってしまってたかな。


そして、今、長男には個人ではないとダメだよなぁと考えていたところ、ちょっとしたきっかけもあり飛び込んだ家庭教師。


家庭教師なんて言うと、受験するの?!なんてよく聞かれるんだけど、私は家庭教師やっている人って、お金持ちか。すごく難関中学を目指してるとか。他の習い事に重きをおいてて時間があわないとか、そんなんじゃあなかったら、受験とは反対。

学校や塾ではついていけなかったり、勉強に遅れている人が多いんじゃあないかなぁとか思う。


国語と社会、算数と理科がセットで違う先生が見てくれてます。


家庭教師っていうと、やっぱり飲み物に甘いものよね…?!

と、親として先生がたを迎えるにあたり検索したり、家庭教師をしていたお友達に聞いたりしてみたけど各家庭でやっぱり全然違うみたい。


これまた、当たり前だけど食べ物の好みも人それぞれだし、先生によって全然違うんだなぁと、スタートして実感。


うちに来てくださる若い学生の先生は、用意してはおくんだけど飲み物も甘いものも召し上がらずにいつも帰られるの。


もう1人のおじさま先生はちょっと控えた方が…という体格をしているだけあって、毎回ピカピカ綺麗に食べていて。


階段あがるとき持病の痛風が今日は痛くてなんて言っていたから、甘いものは控えていたら違うものを用意したほうが良いですかね?と確認したところ、甘いものもが大好きで、甘いものがないと頭が働かないとのこと(笑)


毎度のことなので、自分で作ったり、購入したものをお出ししたりしています。


結構作っているので、家庭教師を始めて長男の勉強、お出ししたお菓子のことなども綴っていこうかなと思ってます☆




| | コメント (0)